スキンケア業界のトレンドは、3つに分けることができます。

まずは保護・保湿の時代です。

紫外線・汚れ・老化によるダメージで失われた水分や栄養を
外から補って行く時代です。

次にはアンチエイジングの時代です。

お肌が加齢によって衰える速度を穏やかにするために、
抗酸化・抗加齢、ホルモンバランス、メンタルケアなどが行われます。

現在はこのアンチエイジング末期にあります。

そしてこれからのリバースエイジングの時代です。

最近は「再生美容」という言葉も徐々に浸透してきたのでご存知の方も多いと思いますが、
自ら複製し再生する能力で、細胞レベルからお肌を若返らせる、
いわば「時計の針を巻き戻す」という新たなコンセプトの時代です。

今後リバースエイジングがメインとなっていくことは間違ありません。

そのリバースエイジングのキーワードといえば、
ズバリ「ヒト幹細胞培養液」です。

幹細胞が分裂増殖するとその際に、
様々な生理活性を持つタンパク質が豊富に培養液に分泌していきます。

人幹細胞培養液に分泌されたそれらのタンパク質。

200を超える成長因子やサイトカインなどの情報伝達物質
は相乗効果を発揮し、細胞が直接活性化され

・シワ・シミ改善
・美白
・弾力アップ
・ターンオーバー短縮など

様々なリバースエイジング効果を発揮します。

時代はなんとか少しでも老化を遅らせようというアンチエイジングから、
若い昔を取り戻すリバースエイジングへと向かっています。

そのヒト幹細胞培養液を原料に生まれたのが、
最高のヒト幹細胞培養美容液であるRuby-Cell ルビーセル です。

こちらでは、そのルビーセルの特徴についてお話ししています。

Ruby-Cellの特徴


このRuby-Cellを作った会社は、美容大国・韓国において、
この「ヒト幹細胞培養液」を使った化粧品で大ブレイクしたアフロゾーンという会社です。

2012年:5,750万円
2013年:38億円
2014年:65億円
2015年:100億円突破!

たった3年で、100億円を突破するという脅威的なスピードで成長した企業なのですが、
そのアフロゾーンとはどのような会社なのかをこちらでお話ししています。

アフロゾーンとは?