①幹細胞とは・・・

大きな特徴は「自己再生能力」と、「分化能力」に定義されています。

自己再生:絶え間なく自己複製を繰り返す
文化能力:多様な細胞への分化が可能

たった一つの受精卵から増殖・分化し細胞は60兆個
役割が200種類以上に分けられていきます(神経・筋肉・皮膚など)


 

②幹細胞培養液とは?

幹細胞培養液は、幹細胞が分裂増殖する際に分泌する様々な生理的活性成分のことをいいます。

生理的活性とは・・・
微量で体に作用し、細胞を生成し、細胞の老化を防ぐと共に活性化させる

 


幹細胞培養液が分裂・増殖する際に分泌される生理的活性成分は

タンパク質がやく500種類!



その中には、サイトカイン70種類が含まれます。

 

サイトカインとは??

細胞活性のカギとなる情報伝達物質のこと。

細胞活性には特定の形をした鍵穴(レセプター)に鍵穴にピッタリ合う鍵(リカンド)となる物質が結びついて初めて活性が行われます。

 


 

さらにサイトカインの一種の

グロースファクター(GF)
細胞成長因子が130種類含まれます。

代表的なものには・・

EGF(上皮成長因子)

スタンレーコーエン博士が1986年ノーベル生理学医学賞受賞

人が本来持っている因子で、体内で23個のアミノ酸から形成されてる「タンパク質」

これの最大の特徴は何か!!
細胞を修復回復させ、再生させるために新陳代謝を起こし

お肌を若々しく保つには必須の役割を担います。


SOD 抗酸化物質

細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素のこと。



活性酸素とは体内に侵入した最近や敵からの攻撃から

体を守るために白血球が作り出す物質

 

一つの細胞が錆びると、周りの細胞を酸化させ皮膚などに
ダメージを与えます。=老化


細胞外マトリックス

細胞と細胞の間の重要な成分

・コラーゲン

・グリコサミノグリカン

・エラスチン

・プロテオグリカン

 


まとめると・・・

ヒト幹細胞培養液(幹細胞を培養した時に分泌される成分)

タンパク質約500種類の中に

 

・サイトカイン70種類(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)

・グロースファクター(GF)(細胞成長因子)130種類

細胞を超回復させ、再生させるために新陳代謝を起こす

・SOD 抗酸化物質 細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素

・細胞外マトリックス 細胞と細胞の間の重要な成分である、
コラーゲン、エラステチン、プリテオグリカンなど・・・etc.

 


 

③ヒト幹細胞培養液

これまでの幹細胞培養液には

1・植物由来幹細胞培養液

2・動物由来幹細胞培養液

が使用されてきましたが、鍵穴(レセプター)に
鍵穴にピッタリ合う鍵(リカンド)とならずに研究者は頭を悩ませてきました。

ルビーセル で使用されているのはヒト由来幹細胞培養液です。

・ヒト由来幹細胞培養液

鍵穴(レセプター)に鍵穴にピッタリ合う鍵(リカンド)が

ヒト幹細胞培養液が人の細胞にピッタリ合うから、お肌の改善に導くのです。

 

難しい言葉が続きましたが、それよりも何よりも実感していただくのが一番早いですよね?
まずはあなた自身のお肌で体感してみてください。

ルビーセル 無料体験会のご案内